フィギュアレビュー

ダイキ工業「濡れJK illustration by 魔太郎」フィギュアレビュー


ダイキ工業「濡れJK illustration by 魔太郎」フィギュアレビュー

製品情報

商品名:濡れJK illustration by 魔太郎
メーカー:ダイキ工業
発売日:2020年9月9日
価格:17,600円
スケール:1/6
原型:D蔵(diskvision)

レビュー

ダイキ工業の 濡れJK illustration by 魔太郎 が届きました。

全身ぐるぐるー

多少の劣化は覚悟していましたが、思ったより良さそうですね。

肌の色味がいい感じです。
シャドウもピンク系でしっかり入っています。

両肩に分割線がありますがそれほど目立ちません。

脱着パーツもそこそこありますが、組み上げは比較的すんなり。
カラーの取説も付属しています。

シワの造形や陰影の効いた塗装も良いですね。

洒落た台座ですがコンパクトでありがたい。

魔太郎先生のキャラらしい、良いカラダつき♪

保護ビニールもがっつり施されていますが、
色移りしそうな箇所が多いので脱着には注意。

アップ

髪の毛がやや重たいですね。
デコマスに比べると顔の輪郭がちょっと変わったかな?
やや面長に見える。

角度によっては気にならないかも。

濡れJKだけあって、しっとりした表情なのは感じます。

キャストオフ!

まずはシャツとスカートをオフ。
表情パーツも交換。

カラダのラインがよく分かる♪
ほんとエロい体つき。

胸とお尻の微妙な垂れ具合が絶妙。

こちらの表情パーツのほうが若干アゴが細くないような気もするw

まあ大差は無いのでお好みで。

シャツはありでブラ無しも等も可能で、
色々な組み合わせで楽しめる。

パンツの脱着が一番のクセモノ。
間違いなく色移りします。
しかも複数箇所(^_^;)

続いては下着もキャストオフ。
まさに生まれたままの姿というやつ♪

ココまで脱がせることが出来るのは最近のダイキでは珍しい。
それだけチカラ入れてるってことかな?

今更だけど、乳首の色がやや紫っぽい。
濡れJKだから、濡れて寒くなったのかしらw

全裸だと微妙に腕が短いように見える。

おっぱいのカタチは本当に素晴らしい。

スマン、ちょっとボケた(^_^;)

局部はすーじーのみ。

フリーショット

まとめ


以上、ダイキ工業の 濡れJK illustration by 魔太郎 でした!
とにかくエロいボディが素晴らしい。
組み合わせで楽しめるのも良いですし、全裸になれるのも個人的には好きです♪
全体の仕上がりから見ても、最近のダイキさんでは一番のデキじゃないかなと。

顔の仕上がりがデコマス違う感じはありますが、
角度によってはよりしっとりした表情にも感じられますよ。